iDeCo(個人型確定拠出年金)はじめました!【楽天証券】

iDeCo(個人型確定拠出年金)はじめました!【楽天証券】

こんにちは、やすべーです。

今注目のiDeCoこと個人型確定拠出年金。ついに楽天証券ではじめました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは

かんたんに言ってしまえば、じぶん年金のことです。2017年1月から公務員もこの個人型確定拠出年金(以下iDeCo)に入ることができるようになり、ますます知名度があがってきています。iDeCoという名前でも知られていますね。なぜ、今このiDeCoが注目されてきているのかというと、やすべーが思うに、政府が運用する賦課方式の公的年金は今後制度を維持するのが難しくなっていくことが予想されるため、「老後の資金はある程度自分で運用するなりして、貯めといてね。政府はもうそこまで面倒は見ませんよ。そのかわりに税制控除はつけてあげるからね♪」ということなんだと思います。はい。

ネットで調べればある程度わかりますが、詳しく知りたい方は本買って読んだほうがササッと理解することができます。やすべーは去年、Kindle版が安くなっていたので、これを読みました。結構わかりやすかったですよ。

 

というわけで、やっと始めます

さて、楽天証券にログインして、個人型確定拠出年金のページへ進みます。サクッとここまできましたが、実際はここまでくるのに非常に面倒くさい手続きが必要です(笑)

配分割合で簡単に選べるんですね。これで自分の好きなように自由にポートフォリオを組めます。

画像は試しにやってみたところです。選択中の資産配分のところで今の割合を確認できます。

やすべーは、楽天全米株を60%、楽天全世界株を40%にしました。結果、アメリカ株の割合が一番多くなりましたが、やすべー的には、アメリカという国のパワー(国力)がまだまだ衰えることは当分ないだろうと考えているので、企業もまだまだ成長していくだろうという見込みで、長期投資であるiDeCoではアメリカ株を重視しました。

 

ということで、無事に配分完了〜。

 

 

まとめ

これでぼ〜っと生きていても、毎月勝手に積立投資が行われていくわけですね。しかも盛大な税制メリット(積立時の拠出金は全額が所得控除、運用利益は非課税、受取時も一定額が非課税)が受けられるという、素晴らしい制度。これ、やらなきゃ絶対に損することが確定しているようなものなので、やらない理由が見当たりませんね。もっと早く始めておけばよかったと少し後悔していますが、なにはともあれ運用の成果が楽しみです。まあ、たとえマイナスになってしまったとしても、iDeCoの場合は税制メリットですでに得をしているようなものなので、気持ち的には楽ですね。

 

ではでは。