フランスの深刻なトイレ問題!とくに日本人旅行者は注意!

フランスの深刻なトイレ問題!とくに日本人旅行者は注意!

こんにちは!yasubeeeです。

今回は、これからフランスに旅行する予定の方が注意するべき問題

「トイレ問題」についてちょっと話してみます。

フランスにはトイレがない

いきなり何を言うんだと思われるでしょうが、フランスには公衆トイレがほとんどありません。

あることにはあるんですが、有料なんです。

日本では、どこに行っても清潔なトイレが無料で利用できますが、フランスだと考えられないことなのです。これ、旅行する前に把握していないと結構ピンチになる日本人がいます。

(yasubeeeはフランスに行ったとき漏らす寸前まで行きました)

なぜフランスはトイレが有料なのか

フランスのトイレが有料なのは、施設の維持管理費に充てるというのが理由の一つです。水道代、清掃コスト、トイレットペーパーなどの備品購入のためにトイレの利用料が使われているのです。それに加えて観光地などでは、自治体の収入源として有料化している場合もあります。

そもそもフランスの公衆トイレは、お金を入れないとドアが開かないというところがほとんどです。大抵は小銭で料金を支払いますので、フランスの町中を歩くときは小銭をいくらか所持しておいたほうがいざという時に安心です。はじめてフランスに行ったとき、かなり戸惑いました…

最近は、難民が多く移住してきていることにより治安が悪化していることも影響しているようです。女子トイレの密室の個室では弱い女性が狙われる犯罪が起きる懸念があるため、有料にすることで犯罪に遭うリスクを減らす目的もあるようです。

フランスのマクドナルドはドアがロックされている

個人的にビックリしたのは、マクドナルドの店内のトイレがレシートを持っていないと入れないシステムになっていたことです。トイレを死に物狂いで探していたyasubeeeは、近くにあったマックを見つけるなりトイレに駆け込んだところ、「レシートに書いてある暗証番号を入り口のテンキーに入力しないと入れない」という地獄のようなシステムになっており、絶望しました….

それを考えると無料で清潔な日本のトイレ環境ってかなり恵まれていますよね。

どうしてもトイレを我慢できないときは

どうしてもトイレが我慢できなくなった場合はどうすれば良いのでしょう。

最悪の場合は近くのカフェに駆け込み、安い飲み物をひとつだけ注文してトイレを借りるという方法があります。町中にある有料トイレの数が少ないこともあり、いざというときトイレに行けない場合も想定されます。フランスでは空港、美術館などの有料施設、レストラン、カフェはトイレが無料で利用できる事が多いですので、そういった場所で事前に出来る限りトイレを済ませておくと安心です。

 

まとめ

日本のトイレが無料なのは、治安が良いということも関係しているようです。フランスに行く予定のある方は、このトイレ問題に十分気をつけてください。もしトイレが近い場合は飲み物を飲むのは控えて、コーヒーなどのカフェインをできる限り摂取しないようにすると良いでしょう。また何度も言いますが、無料でトイレが利用できるカフェやレストランでランチやディナーを楽しんだときはできる限りトイレを済ませておくと安心です。